現在地: トップページ 比内地鶏情報コーナー その他 平成26年度の比内地鶏肉のDNA識別結果について

その他


平成26年度の比内地鶏肉のDNA識別結果について

  比内地鶏肉のDNA識別結果について

県では平成26年度に、認証施設から52検体の比内地鶏肉をサンプリングし、DNA識別を実施しました。
その結果、全ての検体で、比内地鶏のDNAタイプと一致することを確認しました。

【サンプリング】
 県内の比内地鶏ブランド認証施設から、県職員がサンプリングしました。
【DNA識別】
 秋田県畜産試験場で実施しました。
【識別技術】
 秋田県と独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構が共同で開発した技術(特許第4914978号)を活用しました。

ページの先頭へページの先頭へ