現在地: トップページ 比内地鶏情報コーナー 試験研究・技術情報 比内地鶏の旨味成分について

試験研究・技術情報


比内地鶏の旨味成分について

  比内地鶏の鶏肉について、うま味成分であるイノシン酸の濃度を測定した結果、ブロイラーが2.20μmol/g、産卵鶏が2.03μmol/gに対し、比内地鶏は3.25μmol/gと有意に高いことが報告されています。

 【参考文献】
  藤村ら(新潟大学)
   日本畜産学会北陸支部新潟県分会報28巻(1993)

ページの先頭へページの先頭へ