現在地: トップページ 比内地鶏情報コーナー 比内地鶏(生い立ち・歴史 etc) 「秋田比内鶏」と「比内鶏」

比内地鶏(生い立ち・歴史 etc)


「秋田比内鶏」と「比内鶏」

  「比内鶏」は、江戸時代、お殿様に年貢として納められるほどおいしく、県北地域を中心に広く飼育されていた地鶏です。
 この鶏は、県北部の比内地方にあった大型地鶏と軍鶏との交配による産物と考えられており、長い間、地元の保存会会員によって維持保存が図られてきました。
 昭和17年には、学術的な価値を認められ、国の天然記念物に指定されています。

 比内鶏の最大の特色は、食肉が美味なことであり、その味はヤマドリに似た風味と香気を備え、この肉とともに鶏ガラスープは郷土料理の「きりたんぽ」に欠かせない材料となっています。
 しかし、比内鶏原種を食用とするには様々な制約があり、また、成長が遅く、繁殖性・強健性に劣るなど商品化は難しい状況にありました。

 そこで、秋田県畜産試験場では、昭和48年から比内鶏原種について経済性の観点から育種選抜を重ね、固定化してきました。これが「比内地鶏」の父となる「秋田比内鶏」です。
 
[参考:畜産経営通信(平成12年3月 No.30)]

     左:秋田比内鶏(雌)      右:秋田比内鶏(雄)

In English

In Chinese Simplified

In Chinese Traditional

In Korean

ページの先頭へページの先頭へ